Concept

草根木皮、これ小薬。

鍼灸、これ中薬。

飲食衣服、これ大薬

身を修め心を治める、これ薬源なり。
-書経-


中国の古い経典・書経には

「草根木皮(漢方薬)や鍼灸よりも

ふだんの食事や衣服が身体に大事である」

という意味の言葉が残されています。

そう、衣服は食べ物と同じくらい

実は身体と心に作用するもの。

身体が喜ぶ衣類を身にまとうことは

身体によい食事をするのと同じことなのです。

おしゃれで心ときめく洋服が

心も身体も健やかに感じるものなら

どんなに素敵だろう。

そんなふうに長くファッションと

食の世界で仕事をしてきた

ふたりの女性の想いがひとつになって

tsukitotaneは生まれました。

デザインは

流行のスタイルを追いかけず

シンプルで長く愛用できるものを。

素材は、オーガニックコットンを

はじめとする天然素材を

草木の色で染めたものを。

つくる工程のすべてが自然と共生し

つくる人、着る人が、
みんなハッピーになれる服をめざして……

たくさんの出会いとご縁を大切に

日本のみならず、

同じ月を眺める世界中の人たちと

タネから生まれる植物たちの

恵みをいかしながら すこやかで幸せな

心はずむ服をつくっていこうと思います。